土中環境 忘れ去られた共生のまなざし、蘇る古の技

土中環境 忘れ去られた共生のまなざし、蘇る古の技

高田宏臣の新刊『土中環境』(建築資料研究社)

環境再生の視点で庭づくりから里山、森林再生の事業や指導にあたってきた経験のエッセンスを込めた渾身の一冊です。

 

2020年6月20日発売、定価2,750円(税込)、建築資料研究社発行

送料無料

 

高田 宏臣
株式会社高田造園設計事務所代表、NPO法人地球守代表理事。1969年千葉生まれ。東京農工大学農学部林学科卒業。1997年独立。2003~2005年日本庭園研究会幹事。2007年株式会社高田造園設計事務所設立。2014~2019年NPO法人ダーチャサポート理事。2016年~NPO法人地球守代表理事。国内外で造園・土木設計施工、環境再生に従事。土中環境の健全化、水と空気の健全な循環の視点から、住宅地、里山、奥山、保安林などの環境改善と再生の手法を提案、指導。大地の通気浸透性に配慮した伝統的な暮らしの知恵や土木造作の意義を広めている。行政やさまざまな民間団体の依頼で環境調査や再生計画の提案、実証、講座開催および技術指導にあたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ¥2,750価格